(今更だけど)nintendo bluetooth keyboardを買ったので簡易レビュー

最近、持ち運び向けのBluetoothキーボードが欲しくて、前々からほしいと思っていたnintendo bluetooth keyboardが付属しているDSソフト「バトル&ゲット ポケモンタイピングDS」の値段が、2500円程度にまで落ち着いてきたので今回購入しました。

今回はこれのクロ(左)を購入しました。特に機能的に違いは有りませんので、色はただの好みです。

今回、私が購入したせいか(w)、クロのAmazon発注で最安の店舗在庫がなくなったようで、別送料がかかる店舗が先頭に表示されていますが、それでもクロはAmazon発注の店舗で2,620円、シロも2,480円で現在も購入可能です。

出た当初も、結構他の機器で使う用途で購入している人も多く、当時は品薄が続いていましたが、もうそんなことはなく普通に買える状態になっています。

私も特にDSで使う気はほぼなく、他機器で使う気満々で購入しました。(当然無保証ですが…)

外観

nintendo Bluetooth keyboard

上が実際のキーボードの外観です。格安のBluetoothキーボードは探せばいくつかありますが、JISキーボードはあまり見た記憶が無いので、日本語をよく入力するという用途であれば、こちらのほうがいいと思います。また他の格安キーボードはかなり小型で持ち運びには便利ですが、人によっては打ちづらいというのがありますが、このキーボードは小形ではありますが、そこまで小さいわけでも無いので、入力は個人的にはやりやすかったです。

機器とのペアリング

機器とのペアリングを行う際には,Fnキーを押し続けながら電源を入れると、ペアリング待機状態になるので、その状態で接続先の機器から設定を行います。設定時にペアキーの表示が出た場合は、その数列をキーボードで入力してEnterキーを押すことで認証完了します。これ以降は普通に接続することができます。

試しに、私の手持ちのBluetooth対応機器での接続状況を確認してみました。

  • iPod touch(4G)……○
  • Windows7 Pro +P8Z68-V PRO内蔵BTモジュール……○
  • HTC EVO WiMAX(ISW11HT)……×

実は一番使いたかったHTC EVOが駄目だったのが地味にショックです。一応プロファイル的に対応していないことは、把握していたのですが、HIDを利用可能になるアプリ等もあったので一応試してみましたが、BimejiHID,BlueInputはキーボード認識でうまく動いてくれず、BlueKeyboard JPはHTC EVOに非対応でインストールできずということでうまく動かすことはできませんでした。最悪海外圏のアプリで英字入力だけでも動いてくれればある程度良かったのですが、それすらも駄目でした…

と入っても、それ以外の方法でEVOで動かそうと思うとSPP対応キーボードを買う必要がありますが、その手の対応キーボードは普通に1万円前後するのでさすがに買う気になれないのでどちらにしろ駄目なのですが…

とりあえず基本的には、JIS配列のキーボードでこの価格は破格ですし、携帯を考えない軽い部屋内での持ち運び用として購入する分にも十分ありと思います。さすがに常にメインキーボードとして使うには、F1~F12のファンクションキーや一部の機能キーの非搭載で厳しいと思いますが、サブで移動させながらや、PCから離れた地点(プロジェクター投影中など)から操作を行うキーボードとしては、十分使えると思います。

という形で、(自分の中で本命だった)スマフォでの利用はできませんでしたが、他の利用でも十分価格分の価値はあると思うので、しばらくはそちらで使っていくつもりです。(もちろん、アプリや本体のアップデートでHIDキーボードが使えるようになってくれればベストなんですが…)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>