ServersMan@VPSのスペックアップを適用してみた

先日、私が使っているserverman@vpsの価格据え置きスペックアップが発表されました。

ワンコインから利用できる仮想専用サーバーサービス「ServersMan@VPS」が過去最大のメジャーバージョンアップ490円/メモリ1GB/ディスク50GBが“新”Entryプランとして登場

さらに、リリース記事を見ると、既存ユーザの対象だった ので、 しばらく待っていたんですが、半月ぐらい見ていたんですが、変化ありませんでした。なので、調べたら別途申請が必要とのことでした(よく考えたら物理サーバの仕様によっては、VPS止めないとできないので、無連絡でされるはずはなかった)。

ディスク容量・メモリのスペックアップについて

なので、申請してみました。

スペックアップ申請

menu
この[確認・変更]からVPSサーバ情報を開きます。
server-menu
その後、VPSサーバ情報の[スペックアップ]より、スペックアップの申請を行います。
Activate
そしてスペックアップの申請を行うと、アクティベートボタンが申請済に代わり、スペックアップ作業待ち状態になります。
server-menu-after
後日メールにてスペックアップ作業の実施日と詳細が送られてきます。

メールより一部伏せ抜粋

[ スペックアップ日程 ]
———————————————————————-
・変更作業日時 : 6月**日 **時**分 ~ **時**分
・対象IPアドレス(IPv4) : ***.***.***.***
・対象IPアドレス(IPv6) : ****:****:****:*:*:*:*:*

・IPアドレスの変更  : 有
・新IPアドレス(IPv4) : ***.***.***.***
・新IPアドレス(IPv6) : ****:****:****:*:*:*:*:**

・新追加IPアドレス(IPv4)

※ スペックアップ作業中のご利用について

【IPアドレスの変更が「有」の場合】
VPSサーバーの移設が発生いたします。
移設はVPSを停止して作業を行い、移設完了後に起動するため、移設作業中は
VPSがご利用できません。

– 利用不可時間の目安はモデルケースをご参考ください。

モデルケース:容量3G /15分ほど利用不可
(※)お客様のディスク容量次第で要する時間が異なります。

【IPアドレスの変更が「無」の場合】
スペックアップ作業中も通常通り、VPSのご利用をいただけます。

ちなみに、最初にスペックアップの申請を行ったのが4月の中旬頃、メールが来たのが6月初旬、スペックアップがメールが来てから約1週間程度だったので、最初の申請時に注意書きにあったように、2ヶ月程度かかったことになります。

スペック比較

そして、スペックアップ前とスペックアップ後の各種設定をそれぞれ比較してみました。

  • /proc/cpuinfo
    • スペックアップ前

    processor : 0
    vendor_id : GenuineIntel
    cpu family : 6
    model : 44
    model name : Intel(R) Xeon(R) CPU L5630 @ 2.13GHz
    stepping : 2
    cpu MHz : 852.125
    cache size : 12288 KB
    physical id : 0
    siblings : 1
    core id : 0
    cpu cores : 1
    fpu : yes
    fpu_exception : yes
    cpuid level : 11
    wp : yes
    flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc ida arat pni ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm
    bogomips : 5362.59
    clflush size : 64
    cache_alignment : 64
    address sizes : 40 bits physical, 48 bits virtual
    power management:

    • スペックアップ後

    processor : 0
    vendor_id : GenuineIntel
    cpu family : 6
    model : 44
    model name : Intel(R) Xeon(R) CPU L5630 @ 2.13GHz
    stepping : 2
    cpu MHz : 425.028
    cache size : 12288 KB
    physical id : 0
    siblings : 1
    core id : 0
    cpu cores : 1
    fpu : yes
    fpu_exception : yes
    cpuid level : 11
    wp : yes
    flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc ida arat pni ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm
    bogomips : 5361.65
    clflush size : 64
    cache_alignment : 64
    address sizes : 40 bits physical, 48 bits virtual
    power management:

    processor : 1
    vendor_id : GenuineIntel
    cpu family : 6
    model : 44
    model name : Intel(R) Xeon(R) CPU L5630 @ 2.13GHz
    stepping : 2
    cpu MHz : 425.028
    cache size : 12288 KB
    physical id : 1
    siblings : 1
    core id : 0
    cpu cores : 1
    fpu : yes
    fpu_exception : yes
    cpuid level : 11
    wp : yes
    flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc ida arat pni ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm
    bogomips : 5361.65
    clflush size : 64
    cache_alignment : 64
    address sizes : 40 bits physical, 48 bits virtual
    power management:

  • /proc/meminfo
    • スペックアップ前

    MemTotal: 1048576 kB
    MemFree: 293176 kB
    Buffers: 0 kB
    Cached: 0 kB
    SwapCached: 0 kB
    Active: 0 kB
    Inactive: 0 kB
    HighTotal: 0 kB
    HighFree: 0 kB
    LowTotal: 1048576 kB
    LowFree: 293176 kB
    SwapTotal: 0 kB
    SwapFree: 0 kB
    Dirty: 0 kB
    Writeback: 0 kB
    AnonPages: 0 kB
    Mapped: 0 kB
    Slab: 0 kB
    PageTables: 0 kB
    NFS_Unstable: 0 kB
    Bounce: 0 kB
    CommitLimit: 0 kB
    Committed_AS: 0 kB
    VmallocTotal: 0 kB
    VmallocUsed: 0 kB
    VmallocChunk: 0 kB

    • スペックアップ後

    MemTotal: 2097152 kB
    MemFree: 1594836 kB
    Buffers: 0 kB
    Cached: 0 kB
    SwapCached: 0 kB
    Active: 0 kB
    Inactive: 0 kB
    HighTotal: 0 kB
    HighFree: 0 kB
    LowTotal: 2097152 kB
    LowFree: 1594836 kB
    SwapTotal: 0 kB
    SwapFree: 0 kB
    Dirty: 0 kB
    Writeback: 0 kB
    AnonPages: 0 kB
    Mapped: 0 kB
    Slab: 0 kB
    PageTables: 0 kB
    NFS_Unstable: 0 kB
    Bounce: 0 kB
    CommitLimit: 0 kB
    Committed_AS: 0 kB
    VmallocTotal: 0 kB
    VmallocUsed: 0 kB
    VmallocChunk: 0 kB

  • df
    • スペックアップ前

    Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
    /dev/simfs 10485760 6913652 3572108 66% /
    none 524288 4 524284 1% /dev

    • スペックアップ前

    Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
    /dev/simfs 52428800 6917112 45511688 14% /
    none 1048576 4 1048572 1% /dev

    • uptime
      • スペックアップ前

      10:57:39 up 43 days, 53 min, 2 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00

      • スペックアップ後

      13:36:25 up 1:24, 1 user, load average: 0.02, 0.01, 0.00

    メモリ(最大値),HDDは公表値の通り、スペックアップしてます。また、cpuについては仮想1コアだったのが、2コアに増えていますが、そもそもserversman@vpsではcpuの割当について詳しく書いているページが見つからなかったので、どういう変更だったのかは今ひとつ分かりません。

    また、IPアドレスが変わっており、入っている物理サーバの移管もあったようで、uptimeの値も初期化されています。

    また、unixbenchのスコアも以下に記載します。
    スペックアップ前のスコアは、以前の記事に記載しているため省略します。

    BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

    System: dos-vps-srv148: GNU/Linux
    OS: GNU/Linux — 2.6.18-194.3.1.el5.028stab069.6xen — #1 SMP Wed May 26 18:35:38 MSD 2010
    Machine: i686 (i386)
    Language: en_US.utf8 (charmap=”UTF-8″, collate=”UTF-8″)
    CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU L5630 @ 2.13GHz (5361.6 bogomips)
    Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
    CPU 1: Intel(R) Xeon(R) CPU L5630 @ 2.13GHz (5361.6 bogomips)
    Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
    10:11:07 up 4 days, 21:59, 1 user, load average: 1.70, 0.85, 0.33; runlevel

    ————————————————————————
    Benchmark Run: 火 6月 18 2013 10:11:07 – 10:41:54
    2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

    Dhrystone 2 using register variables 4512959.4 lps (10.0 s, 7 samples)
    Double-Precision Whetstone 2100.1 MWIPS (10.2 s, 7 samples)
    Execl Throughput 619.4 lps (29.6 s, 2 samples)
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 95897.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 25147.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 291376.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
    Pipe Throughput 148968.1 lps (10.0 s, 7 samples)
    Pipe-based Context Switching 30943.1 lps (10.0 s, 7 samples)
    Process Creation 1535.2 lps (30.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (1 concurrent) 856.2 lpm (60.1 s, 2 samples)
    Shell Scripts (8 concurrent) 120.3 lpm (60.3 s, 2 samples)
    System Call Overhead 131430.4 lps (10.0 s, 7 samples)

    System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
    Dhrystone 2 using register variables 116700.0 4512959.4 386.7
    Double-Precision Whetstone 55.0 2100.1 381.8
    Execl Throughput 43.0 619.4 144.0
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 95897.4 242.2
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 25147.5 151.9
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 291376.0 502.4
    Pipe Throughput 12440.0 148968.1 119.7
    Pipe-based Context Switching 4000.0 30943.1 77.4
    Process Creation 126.0 1535.2 121.8
    Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 856.2 201.9
    Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 120.3 200.5
    System Call Overhead 15000.0 131430.4 87.6
    ========
    System Benchmarks Index Score 184.7

    ————————————————————————
    Benchmark Run: 火 6月 18 2013 10:41:54 – 11:17:41
    2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

    Dhrystone 2 using register variables 4509575.7 lps (10.0 s, 7 samples)
    Double-Precision Whetstone 4144.5 MWIPS (10.2 s, 7 samples)
    Execl Throughput 628.2 lps (29.9 s, 2 samples)
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 95163.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 25099.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 277652.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
    Pipe Throughput 148337.2 lps (10.0 s, 7 samples)
    Pipe-based Context Switching 39391.7 lps (10.0 s, 7 samples)
    Process Creation 1516.5 lps (30.0 s, 2 samples)
    Shell Scripts (1 concurrent) 859.2 lpm (60.1 s, 2 samples)
    Shell Scripts (8 concurrent) 118.9 lpm (60.1 s, 2 samples)
    System Call Overhead 130732.3 lps (10.0 s, 7 samples)

    System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
    Dhrystone 2 using register variables 116700.0 4509575.7 386.4
    Double-Precision Whetstone 55.0 4144.5 753.6
    Execl Throughput 43.0 628.2 146.1
    File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 95163.0 240.3
    File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 25099.5 151.7
    File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 277652.9 478.7
    Pipe Throughput 12440.0 148337.2 119.2
    Pipe-based Context Switching 4000.0 39391.7 98.5
    Process Creation 126.0 1516.5 120.4
    Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 859.2 202.6
    Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 118.9 198.1
    System Call Overhead 15000.0 130732.3 87.2
    ========
    System Benchmarks Index Score 198.2

    このように基本的なスペックほぼ全てが2倍になった今回のスペックアップでした。違うVPSに変えようかと考えていた所だったので、これのせいでまだまだ使い続けそうです。ただ、やっぱりwordpressのもっさり感が抜けないので、近いうちにnginxの導入等、よく言われているwordpressの高速化を行ったり、むしろこの機会に一旦VPS初期化、その後OS毎の動作検証等もできそうならやって見たいところです。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>